主要 行 等 向け の 総合 的 な 監督 指針。 金融庁「「主要行等向けの総合的な監督指針」等の一部改正(案)の公表について」を公表しました。

主要行等向けの総合的な監督指針(様式・参考資料編) : 金融庁

総合 向け 監督 の な 的 指針 主要 行 等 総合 向け 監督 の な 的 指針 主要 行 等

また、同責任者は、システム、データ、ネットワーク管理上のセキュリティに関することについて統括しているか。

9

「業種別委員会実務指針第32号「資本的劣後ローン等に対する貸倒見積高の算定及び銀行等金融機関が保有する貸出債権を資本的劣後ローン等に転換した場合の会計処理に関する監査上の取扱い」の改正について」(公開草案)の公表について

総合 向け 監督 の な 的 指針 主要 行 等 総合 向け 監督 の な 的 指針 主要 行 等

1 取締役の兼職• 本公開草案についてご意見がございましたら、2020年8月24日(月)までに、氏名(及びご所属先)又は名称をご記載の上、下記に、電子メール又はFAX(可能な限り、電子メールでお寄せくださいますようお願いいたします。 第七章の三 株主• 銀行法施行規則第34条の26第1項第4号ハ「自己資本の充実の状況について金融庁長官が別に定める事項」• III -5-2 面談等を行う際の留意点• 明治23年8月• 資金の貸付け又は手形の割引• 10-3 監査委員の選退任• 第五款 雑則(第五十二条の三十五)• 1 営業の免許申請書• 以下同じ。 また、他社における不正事案等も参考に、情報セキュリティ管理態勢のPDCAサイクルによる継続的な改善を図っているか。

12

銀行法

総合 向け 監督 の な 的 指針 主要 行 等 総合 向け 監督 の な 的 指針 主要 行 等

原文はこちら 16:19. 6条2では「銀行でない者は、その名称又は商号中に銀行であることを示す文字を使用してはならない。

7

【金融庁】「無尽業法施行細則等の一部を改正する内閣府令(案)」、「主要行等向けの総合的な監督指針」の一部改正(案)等について公表しました。

総合 向け 監督 の な 的 指針 主要 行 等 総合 向け 監督 の な 的 指針 主要 行 等

排出権の媒介・コンサルティング業務(平成19年7月31日金商法パブコメ596頁1番)• また、システム障害等の発生に備え、最悪のシナリオを想定した上で、必要な対応を行う態勢を検討しているか。 主な改正内容は以下のとおりです。

12

中小・地域金融機関向けの総合的な監督指針 : 金融庁

総合 向け 監督 の な 的 指針 主要 行 等 総合 向け 監督 の な 的 指針 主要 行 等

預金又は定期積金等の受入れ• 固有業務(第10条第1項)• の業務の公共性に由来する信用維持、預金者保護などと、の円滑のための銀行業務の健全、適切な運営を確保することを目的とする(1条)。

13

中小・地域金融機関向けの総合的な監督指針 : 金融庁

総合 向け 監督 の な 的 指針 主要 行 等 総合 向け 監督 の な 的 指針 主要 行 等

電子決済等代行業者の監督に当たっては、システムリスク管理態勢を中心にモニタリングを実施し、電子決済等代行業者が、システムの安定性や利用者保護を確保しつつ、技術の進展をリードし、利用者利便の向上に資するサービスを提供することを促していくものとする。 6 臨時休業及び業務再開• 銀行主要株主• また、グループで保有する等の場合、合算されることに注意(3条の2)。

10

全銀協からの意見書・要望書

総合 向け 監督 の な 的 指針 主要 行 等 総合 向け 監督 の な 的 指針 主要 行 等

公開草案に寄せられた主なコメントの概要とその対応も併せて公表いたしますので、ご参照ください。 6条2では「銀行でない者は、その名称又は商号中に銀行であることを示す文字を使用してはならない。 子会社• 御意見をお寄せいただいた方の氏名(法人その他の団体にあっては名称)については、開示の請求等があった場合には、御意見の内容とともに開示させていただきますので、御承知おきください。

10

主要行等向けの総合的な監督指針(様式・参考資料編) : 金融庁

総合 向け 監督 の な 的 指針 主要 行 等 総合 向け 監督 の な 的 指針 主要 行 等

株式公開等が可能な取引先企業を紹介する業務(監督指針V-3-2 1 注1 )• II -1-3-3 2 検査結果の通知事項に対する改善状況等の報告について(検査部局検査用)• システム関連事務を外部委託する場合についても、システムに係る外部委託に準じて、適切なリスク管理を行っているか。 サイバー攻撃を受けた際の報告及び広報体制• 銀行は、その 特定関係者の顧客との間で、次の取引又は行為をすることを原則として禁止されている。

1