人生 論 ノート。 『人生論ノート』(三木清)は、立川談志も驚くような本質をつく名言だらけ|らこすけ@読書|note

『人生論ノート』(三木清)は、立川談志も驚くような本質をつく名言だらけ|らこすけ@読書|note

ノート 人生 論 ノート 人生 論

孤独な時、人は物から滅ぼされはしない。

三木清「人生論ノート」を読む!名言から分かる哲学的人生論とは?

ノート 人生 論 ノート 人生 論

言ひ換へると、創造によつて。

名著64 「人生論ノート」:100分 de 名著

ノート 人生 論 ノート 人生 論

つまり地球生命系のアントロポセンな危機が到来しているということなのだが、そのことがちっとも交わされていない日本をどうするのか、そこを問うた。

2

三木清「人生論ノート」を読む!名言から分かる哲学的人生論とは?

ノート 人生 論 ノート 人生 論

すべての人間が利己的だとする社会契約説は、想像力のない合理主義が生み出した。 旅の中で人は浪漫的になり、また浪漫とは遠さの感情である。

9

三木清 人生論ノート

ノート 人生 論 ノート 人生 論

」 「希望について」 「希望に生きるものはつねに若い。

10

『人生論ノート (新潮文庫)』(三木清)の感想(107レビュー)

ノート 人生 論 ノート 人生 論

ただその際、習慣を單なる經驗から生ずるもののやうに考へる機械的な見方を排することが必要である。 古代哲学は実体概念いよって思考し、近代哲学は関係概念または機能概念によって思考したが、新しい思考はそれら二つの総合として「形の思考」でなければならない。 孤独は「間」にあるものとして空間の如きものである。

8