曽我 物語。 曽我物語とは

曽我物語

物語 曽我 物語 曽我

概要 [編集 ] 物語のあらすじについては「」の項を参照。

小田原市

物語 曽我 物語 曽我

「曽我物語の世界」の主な登場人物は曽我十郎祐成(そがのじゅうろうすけなり)、曽我五郎時致(そがのごろうときむね)、工藤左衛門祐経、工藤の家来の近江小藤太(おうみのことうた)と八幡三郎(やわたのさぶろう)、兄弟の恋人の傾城化粧坂(けわいざか)の少将、大磯の虎、母満江(まんこう)、忠義の家来鬼王新左衛門(おにおうしんざえもん)とその弟の團三郎(どうざぶろう)などです。 物語は彼女から口承に口承を重ねて徐々に広まり、から・を通じて語り継がれた。 曾我兄弟の墓は現在、の無縁仏の一群の横にひっそりと置かれている。

17

曽我兄弟の仇討ち

物語 曽我 物語 曽我

主な異本 [編集 ]• 歌川広重(ひろしげ) 寛政9年〜安政5年(1797〜1858) 作画期 文政11年頃〜安政5年(1828〜58) 画系 歌川豊広門下 岡島林斎から狩野派、大岡雲峰から南画を学ぶ 画号 一幽斎 一遊斎 一立斎 立斎 歌重 本姓田中氏 江戸火消童心安藤源右衛門家に入婿、文政11年頃より役者絵・武者絵・美人風俗画などを描き始める。

11

曽我物語とは

物語 曽我 物語 曽我

丹、緑、黄、紫の手彩色の「丹緑本」で194図の絵が挿入されているが掲載本は2図が欠落。

11

曾我兄弟の仇討ち

物語 曽我 物語 曽我

そして兄十郎祐成は工藤祐経の情報を仕入れるために酒匂、国府津(小田原市)、渋美(二宮町)、小磯、大磯(大磯町)、平塚(平塚市)などの宿を回りました。 兄が 9 歳、弟が 7 歳になった年、祐成が飛ぶ雁を見ながら弟に父のいない悲しみを語り、兄弟揃って大人になったら敵討ちを果たそうと決意します。 しかし『吾妻鏡』に記載されていることから、全くの作り話でもない。

18

歌舞伎用語案内

物語 曽我 物語 曽我

出家せよとの母の言いつけを破り、勘当されていた弟の時致を許してもらい、また母に仇討ちに出る前の、別れを告げるためです。 版本は慶長10年(1605)に刊行された「仮名本系」のものが最初とされています。

10

曽我兄弟と虎御前のお話

物語 曽我 物語 曽我

曽我記 など 曽我物語図 [編集 ] 近世にはのなどにおいて曽我物語が画題として描かれ、富士の巻狩や夜討などの場面が描かれた作例が残されている。 この事件は「吾妻鏡」にも記載がある。

5