踏襲 する。 現行踏襲という言い訳:101回死んだエンジニア:エンジニアライフ

踏襲の意味と読み方とは

する 踏襲 する 踏襲

「踏襲」は、地位や財産などを受け継がず、仕事のやり方(哲学)を受け継ぐ場合に使います。

18

「踏襲」の意味と使い方とは?類語「継承」との違いや対義語も!

する 踏襲 する 踏襲

相手が、私に対して質問したいことがあるという状況です。

6

「踏襲」の読み方と意味は?使い方や類語・例文を教えて?

する 踏襲 する 踏襲

方針は全く違うが、地位や財産を受け継いだ場合は継承です。 「ふしゅう」「ふんしゅう」「しゅうとう」などと読み間違えてしまわないように注意しましょう。

踏襲|意味・類義語・対義語・英語表現と例文を解説

する 踏襲 する 踏襲

「踏襲」と「保守」の違い 「保守」はそれまでの状態を変えないことという意味です。 踏襲は「変化させずそのまま行う」という意味ですので、革新は踏襲の対義語であると言えます。 踏襲することが悪いわけではありませんが、前例を見れば結果的に判断誤りであったケースが少なくありません。

5

現行踏襲という言い訳:101回死んだエンジニア:エンジニアライフ

する 踏襲 する 踏襲

そうすれば、その言葉の意味をはっきりと理解することができるでしょう。

「踏襲する」の意味と使い方・類語・語源・読み方・対義語

する 踏襲 する 踏襲

まず「踏」とは、足で地面を踏む、などと同じ意味です。

15

「踏襲」の意味と使い方とは?類語「継承」との違いや対義語も!

する 踏襲 する 踏襲

企業だけではなく世の中にはいろいろな組織、仕組みがあり、それぞれには何らかの手続きが行われています。 継承の類語 継承の類語・類義語としては、家督や財産を受け継ぐことを意味する「相続」、財産や職業などを子孫が代々受け継いでいくことを意味する「世襲」、前の代からのものを受け継ぐことを意味する「承継」などがあります。

「踏襲(とうしゅう)」とは?意味や使い方を例文付きでわかりやすく解説

する 踏襲 する 踏襲

襲:「受け継ぐ」「おそう」 「踏襲」は「踏」の「ふまえる」、「襲」の「受け継ぐ」という意味を組み合わせて「前任者の作法などをそのまま受け継ぐ」という意味になっているのです。 「踏襲する」の例文 例文としては「これまでのグループの方針を踏襲して行く」と言う表現になります。

踏襲の漢字の読み方知ってる?受け継ぐことを意味する言葉・類語・英語も

する 踏襲 する 踏襲

倣う ならう :手本を真似すること• 踏襲の意味 踏襲とは 踏襲とは、 前人のやり方などをそのまま受け継ぐことを意味しています。 踏襲はやり方を変えないという意味を持ちますが、「踏襲しながら」という表現をすれば「前の方法を受け継ぎながら変化させる」という意味にもなります。

14