纏足 写真。 変形したつま先、折り畳まれた指...中国最後の纏足女性が写真集に (2014年6月27日)

纏足の写真・画像 検索結果 [1]

写真 纏足 写真 纏足

女性は纏足の習慣があった時に産まれ、ずっと足を小さくおり曲げて生きてきた。

<コラム>中国の「纏足」と現代のハイヒールの意外なつながり、果たして纏足の女性は闘えたのか?|レコードチャイナ

写真 纏足 写真 纏足

田舎のほうでは、まだ纏足が見られた、という記事は満州国があった当時の書籍にも記述がありますが、ある程度、お年を召した人に施されている様です。

14

纏足や満州服など、満州女性の風俗・風習を写真で紹介【満州写真館】

写真 纏足 写真 纏足

また、纏足イコール女性が不自由、纏足が無いイコール女性が開放というストーリーであり、特に最近の図書に多くみられます。 中国では、唐代末期から「纏足」と呼ばれる風習が流行しました。

6

おばあちゃんの小さな足・纏足

写真 纏足 写真 纏足

ライターとしての活動は2006年から。 つまり子供の足を強く縛るのに使ったかもしれず、考えようによっては十分に拷問道具です。

17

中国の女性はなぜ足を小さくさせられたのか。纏足(てんそく)の理由、新説が研究で明らかに

写真 纏足 写真 纏足

しかし、纏足は子供のときから施すもので、隷属させるためにあとから纏足にするものではありません。 だけど、普通の足の形はしていなかったと。

6

【纏足】足の小さい女は美しい?中国で咲き乱れた“金の蓮”のリアル

写真 纏足 写真 纏足

まず纏足ははお金持ちに妾(めかけ)として買われる商品としての価値を求めたもの、という記述をよく見かけます。

10

<コラム>中国の「纏足」と現代のハイヒールの意外なつながり、果たして纏足の女性は闘えたのか?|レコードチャイナ

写真 纏足 写真 纏足

なぜそこまで纏足にこだわったのか 纏足の靴-1 娘を愛しているはずの母親が、今から言えば虐待としか思えない行動をしたのはなぜなのか?しかもこの習俗が700年も続いたのはなぜなのか、現代の時点から、そして外国人の目から見る時理解に苦しむとしか言えないのですが、もちろんそこには当時の社会からすれば一定の合理性があったわけです。

おばあちゃんの小さな足・纏足

写真 纏足 写真 纏足

「足が大きいのに」って。 本の著者であるローレル・ボッセンとは、纏足の歴史を調べるために中国の人里離れた村に住む1800人以上の高齢の女性に話を聞いた。 また、白蓮教最大の反乱になった嘉慶(かけい)年間の反乱(1796〜1805年)では教主斉林(さいりん)の死後、その妻・王総児(おうそうじ)が反乱軍を率いて闘いました。

7