Question: 恥ずかしがり屋であるのは大丈夫ですか?

恥ずかしがり屋ではないときは、他人にもっと近づくように見えるようにすることができます。恥ずかしがり屋で、謙虚さ、そして謙虚さと自己有害な性質は他人を脅かすことはめったにありません、そして人々があなたの周りでより快適に感じることを可能にするかもしれません。

恥ずかしがり屋であることは普通ですか?

クロエの里子、臨床心理学者ロンドンの不安障害や外傷の中心部では、それ自体が非常に一般的で正常であり、それがより多くの社会的不安に発展しない限り、問題を引き起こすことはありません。

だろう?

極端な恥性は社交的化を妨げる可能性があります、それは人の自信と自尊心に影響を与える可能性があります。そして、誰かが機会を利用したり、新しいものを試したりするのを防ぐことができます。恥知さの極端な感情は、社会恐怖症と呼ばれる不安状態の兆候です。

静かで恥ずかしがり屋であることは大丈夫ですか?

しかし、静かさが私たちの内向的な性格の一部であるとき、それはしばしば悪いものや弱さの兆候として認識されます。話していないために、私たちの沈黙は恥ずかしがり屋で、自信がないと解釈されます。

Join us

Find us at the office

Peone- Bruey street no. 76, 92622 Nouméa, New Caledonia

Give us a ring

Lavon Brookens
+51 188 711 33
Mon - Fri, 10:00-19:00

Write us