コロナ 朝倉 市。 朝倉市新型コロナウイルス感染症対策本部長(朝倉市長)からのメッセージ

【11月11日15時報告】新型コロナウイルス感染症患者(陽性者)の発生(船橋市居住757~764例目)・市内高校でのクラスター発生と対応について。

市 コロナ 朝倉 市 コロナ 朝倉

10月認定の市内事業所クラスター・11月認定の市内物流センタークラスターに関しては発生はありませんでした。

5

【11月10日15時報告】新型コロナウイルス感染症患者(陽性者)の発生(船橋市居住749~756例目)・市職員の感染と対応について。

市 コロナ 朝倉 市 コロナ 朝倉

発生が続いています。 対象事業者 次の条件をすべて満たす中小企業等が対象となります。 2 不要不急の帰省や旅行など、都道府県をまたいだ移動は、極力避けること。

20

【12月6日15時報告】新型コロナウイルス感染症患者(陽性者)の発生(船橋市居住1022~1040例目)・市内介護老人保健施設でのクラスターなどについて。

市 コロナ 朝倉 市 コロナ 朝倉

33例目 10月25日 福岡県発表(福岡県内5191例目)• 7月22日発表 県下症例番号1,115例目(朝倉郡内1例目) 1.感染者の情報 朝倉郡内在住の20代男性、職業:会社員 2.発生日 7月21日:新型コロナウイルス感染症陽性判明 3.症状、経過、行動歴等 7月15日:発熱(38. 1KB) (Adobe Acrobat Document:182. 症例番号 行政区 年代 性別 職業等 渡航歴 濃厚接触者 備考 6039 八幡東区 ー ー 幼児 なし 調査中 ・県5881例目 北九州市742例目 、県5961例目 北九州市750例目 、県5962例目 北九州市751例目 、県5963例目 北九州市752例目 の濃厚接触者 6040 小倉南区 50歳代 女 医療スタッフ なし 家族、同僚、医療スタッフ 6041 門司区 50歳代 男 自営業 なし 親戚 ・県6004例目 北九州市753例目 の濃厚接触者 6042 小倉北区 30歳代 男 福祉施設スタッフ なし 家族、同僚、施設利用者 ・福岡市発表陽性者の濃厚接触者 患者6043~6072 12月6日 日曜日 、福岡市で6043~6072例目となる新型コロナウイルス感染症の陽性患者が確認されました。 注3)消費税および地方消費税相当額は補助対象経費から除きます。 この接触確認アプリが広く活用されることで、感染拡大の防止につながることが期待されます。

5

新型コロナウイルス感染症について

市 コロナ 朝倉 市 コロナ 朝倉

9 感染の拡大につながるおそれのある催物(イベント)開催を控えること 10 飲食料品や生活必需品の小売店等生活に必要な事業は継続されるため、食料・医薬品や生活必需品の買い占め等をしないこと に留意され、「自らを守り、周りの人を守る行動」を心がけていただきますよう、お願いいたします。 ・生活の維持に必要な外出は最小限の人数とされるなど、3つの「密」を避けてください。 新型コロナウイルスの治療薬、予防薬の開発がいつ実現するのかは未だ分からない状態であり、解除による気の緩みが大きく経済活動を停滞させることにつながります。

6

【12月6日15時報告】新型コロナウイルス感染症患者(陽性者)の発生(船橋市居住1022~1040例目)・市内介護老人保健施設でのクラスターなどについて。

市 コロナ 朝倉 市 コロナ 朝倉

10例目 8月5日 福岡県発表(福岡県内2369例目)• 中国(ちゅうごく)や 日本(にほん)、 世界(せかい)の 国(くに)で 病気(びょうき)の 人(ひと)が みつかっています。 令和2年7月3日 朝倉市新型コロナウイルス感染症対策本部 本部長 朝倉市長 林 裕二 令和2年5月15日(金)緊急事態宣言の解除を受けて朝倉市長からのメッセージ 朝倉市民、事業所、その他関係者の皆様には、新型コロナウイルス感染症対策における数々の自粛にご理解とご協力を賜り、感謝いたします。 7 職場への出勤は、外出自粛の要請の対象としないが、在宅勤務(テレワーク)、時差出勤、自転車通勤など人との交わりを低減すること 8 不要不急の帰省や旅行など、都道府県をまたいで人が移動することは、まん延防止の観点から、極力避けること なお、都市封鎖(ロックダウン)とは異なるものです。

【12月6日15時報告】新型コロナウイルス感染症患者(陽性者)の発生(船橋市居住1022~1040例目)・市内介護老人保健施設でのクラスターなどについて。

市 コロナ 朝倉 市 コロナ 朝倉

これから1カ月が、感染拡大を収束させるための重要な期間に位置付けられております。 このアプリは、利用者ご本人の同意を前提に、スマートフォンの近接通信機能(ブルートゥース)を利用して、お互いに分からないようプライバシーを確保して、新型コロナウイルス感染症の陽性者と接触した可能性について、通知を受けることができます。

1