Question: 拡張型心筋症は特徴付けられた?

拡張型心筋症は、ほとんどまたは全く壁肥大をほとんどなく、より大きな心室(LV)キャビティサイズを有する心室チャンバの拡大および収縮リオール機能障害によって特徴付けられる。肥大は、LVの塊に対するLVの大きさの比として判断することができます。この比は、拡張された心筋症を有する人で減少します。

拡張型心筋症の特性は何ですか?

拡張型心筋症の症状は次のとおりです。疲労。あなたが活動的または横になっているときの呼吸の節(呼吸困難)。あなたの足、足首、足、そして腹部(浮腫)に働く能力の減少、足首、​​足、そして腹部。チェストの痛みや鼓動、羽ばたき、またはドキドキハート(動悸)の他の商品もっと...•2021年3月

拡張型心筋症の症状は何ですか?

暴行のある息切れの短さ。 ...夜間に勝つ息の短さ(疲労)の息切れ(疲労)が積極的で練習していない息切れ(疲労)脚やその他の分野に融合しています。

拡張された心筋症で正常な生活を送ることができますか?

臨床的には、DCMは心室拡張および収縮リオール機能障害の進行状況を特徴としています。平均寿命は限られており、診断後約5年の中央生存期間を伴う根本的な病因によって異なります。

拡張型心筋症の寿命は何ですか?

<<>臨床的には、DCMは心室の進行性コースによって特徴付けられています拡張と収縮リオール機能不全平均寿命は限られており、診断後約5年の中央生存期間を持つ根本的な病因によって異なります。

Join us

Find us at the office

Peone- Bruey street no. 76, 92622 Nouméa, New Caledonia

Give us a ring

Lavon Brookens
+51 188 711 33
Mon - Fri, 10:00-19:00

Write us