Kddi ラーニング。 転換期を迎えた企業の人財育成 学びの“ニューノーマル”を展望する

企業の人材育成を支援する宿泊研修施設「LINK FOREST」開業

ラーニング kddi ラーニング kddi

たしかに、これらすべてが充実している企業であれば安心して働くことができそうですね。 1 経営戦略本部• 出向 CEO 兼 Telehouse Int'l Corp. 執行役員副社長 吉良 裕臣 リスクマネジメント本部担当 執行役員常務 赤木 篤志 パーソナル事業本部 副事業本部長 構造改革担当 執行役員常務 本多 勉 株式会社ジュピターテレコム 取締役 副社長執行役員 執行役員常務 枝川 登 KDDI SUMMIT GLOBAL MYANMAR CO. 新規ビジネス推進本部• 入社後のフォローアップなど年数に応じた研修が設定されている 入社半年後のフォローアップ研修では、入社時の研修で学んだスキルや基本行動が職場で実践できているかをチェックされます。 では、KDDIの教育制度はどのようになっているのでしょうか? KDDIの教育制度 KDDIの教育制度は、新入社員の入社時研修から始まって、半年後のフォローアップ研修、2年目研修、3年目研修、5年目研修と、きめ細かい研修体制となっています。

ご宿泊

ラーニング kddi ラーニング kddi

ご利用のみなさまが心穏やかになり、深く語り合う中で、人と人との絆を感じることのできる場を提供します。 組織の専門性を高め、各業務の権限と責任を明確にするため、総務・人事本部を総務本部と人事本部に分割します。 「auショップに対して、成績をもっとあげるための新しい施策を提案する」というテーマで受講者が発表をしました。

2

企業研修導入事例 KDDIラーニング株式会社様

ラーニング kddi ラーニング kddi

今までのKDDIにおける人財育成の経験を活かして、一般のお客さまに対しても教育・研修ソリューションを提供してまいります。

14

組織変更および人事異動について

ラーニング kddi ラーニング kddi

これまで地方に勤務している社員は、東京の研修会場まで出張してきて研修を受講していました、職場や家庭の事情などで東京に来ることができず、やむなく受講をあきらめる社員も中にはいたのではないかと思います。 具体的には、従来の集合研修では20~30人程度の受講者に対して、1日7時間の研修を2日間実施していました。 5 食堂: 最大200名収容 他に宴会施設あり 2. そこの良さがわかる会社さんにおすすめしたいですね。

4

ご宿泊

ラーニング kddi ラーニング kddi

また、4万人を超えるKDDIグループ社員の学びの場としても活用し、社員の成長を支援し、人材交流を進めることで、グループ事業のシナジーを創出していきます。 開業と同時にコロナ禍に見舞われ、現在は研修をオンラインに切り替えている状況ですが、そこで生じた課題を今後どう研修運用に反映し、より深い学びにつなげていけるかを常に考え、探求しています。 その真剣さや誠実さが受講者にも伝わっていて、それが高評価につながっている側面もあるように感じます。

19

転換期を迎えた企業の人財育成 学びの“ニューノーマル”を展望する

ラーニング kddi ラーニング kddi

料金表• このように、KDDIには新たなサービスを作るためのチャレンジ精神を尊ぶ社風が根付いています。 6 設立年月日: 2019年4月1日• ボーっとする休暇• ファシリティソリューション部はマンション営業に係る機能をコンシューマ営業本部に切り出し、その他の法人向け機能をビジネスIoT営業推進部に移管し、廃止します。

KDDI、人材育成会社「KDDIラーニング」設立、宿泊可能な研修施設も都内に建設

ラーニング kddi ラーニング kddi

利用していただいた皆さまが、自らの成長を実感し、更なる成長意欲を掻き立てられるよう、誠心誠意対応してまいります。

8

企業の人材育成を支援する宿泊研修施設「LINK FOREST」開業

ラーニング kddi ラーニング kddi

三浦様 今年度、弊社では一旦集合で実施する予定であった研修を中止にするのではなく、状況に合わせてオンラインで実施することを選択しました。 資格取得支援、入社後の立ち回りについて享受できる制度• 業務実態、業務目的に適した名称とするため、DMP推進部をデータマネジメント推進部に改称します。

ご宿泊

ラーニング kddi ラーニング kddi

私たちKDDIラーニングは、こうした課題に対応していくために、企業で働く方々に必要なスキル・マインドをタイムリーかつ効率的に身に着けていただけるよう、充実したコンテンツと最適な学びの環境を、お客さまのニーズに合わせた教育・研修ソリューションとして提供してまいります。 NTTグループやその他企業の特徴やトピックスに目を通して理解を深めましょう。

17