ハイプ サイクル 2020。 「5Gは過度な期待のピーク」、ガートナーが2020年の“ハイプ・サイクル”で

ハイプサイクルに新登場した「ヘルスパスポート」はウィズコロナ時代に何をもたらすか (1/3)

2020 ハイプ サイクル 2020 ハイプ サイクル

ソーシャルディスタンシング技術は、主にプライバシー上の懸念からメディアで大きな注目を集めている。

1

日本における未来志向型インフラ技術のハイプサイクル、RPAは幻滅期の底を打って本格的な普及へ

2020 ハイプ サイクル 2020 ハイプ サイクル

先ほどのAlexaの事例で「明日の天気は?」という音声情報をクラウドまで運ばずにエッジで自然言語処理して「明日の天気は晴れです。 ここまでなんとなく理解できたでしょうか。

コロナ影響でソーシャルディスタンス技術に最注目 2020年版「ハイプ・サイクル」公開

2020 ハイプ サイクル 2020 ハイプ サイクル

とても色々な中継地点を通っていますよね。 東芝は、FPGAやGPUなどを用いた従来型コンピュータだけで、量子コンピュータよりも10倍速く「組み合わせ最適化問題」の解を得られるアルゴリズムを開発した。 【引用】ガートナー:先端テクノロジーのハイプサイクル2019 全部で29種類のテクノロジーが並んでいます。

4

ハイプサイクルとは? ~現在のテクノロジーが一目で分かる~

2020 ハイプ サイクル 2020 ハイプ サイクル

高速大容量・低遅延・多接続により産業向けの利用が可能になる。

8

ハイプサイクルに新登場した「ヘルスパスポート」はウィズコロナ時代に何をもたらすか (1/3)

2020 ハイプ サイクル 2020 ハイプ サイクル

「過度な期待」のピーク期: 初期の宣伝では、数多くのサクセスストーリーが紹介されますが、失敗を伴うものも少なくありません。 これから幻滅期を迎えるものの、政府の後押しを受け予想以上に早く「安定期」にコマを進めるのではないでしょうか。

13

【最新技術2020】ハイプサイクルで読み解く超重要テクノロジー5選【解説】

2020 ハイプ サイクル 2020 ハイプ サイクル

ハイプ・サイクルは、以下のことを支援します。 こうしたソーシャルディスタンスを実現するテクノロジーは、私たちの文化も変えようとしている。 僕も毎週のようにAmazonで買い物をしますが、ドローンが30分で配達してくれるとなれば、いよいよスーパーやドラックストアに行くことすらなくなってしまいそうです。

8

5Gが「過度な期待」の頂点に ガートナーのハイプサイクル2020が示す日本のデジタルの“今”

2020 ハイプ サイクル 2020 ハイプ サイクル

一方、ヘルス・パスポートは市場への浸透度はまだ低いものの、中国やインドの公共交通機関を利用するために必須なことから、すでに数億人単位で利用されているという。 また、「SaaS版アイデンティティ/アクセス管理」「CASB(クラウド・アクセス・セキュリティ・ブローカ)」「BYOD(個人所有デバイスの業務利用)」「電子サイン」といったテクノロジについては、テレワークの拡大を背景に、これまで以上に多くの企業の関心を集めているとしている。 また、他の環境情報の観測などにも適用できそうだ。

9

日本における未来志向型インフラ技術のハイプサイクル、RPAは幻滅期の底を打って本格的な普及へ

2020 ハイプ サイクル 2020 ハイプ サイクル

詳細は、Gartner のリンクにてフェーズの分類含め、参照されたい。 テクノロジのビジネス価値に対するご自身の理解を、経験豊富なITアナリストの客観的意見と比較すること. ポイントを引用しましょう。 同社によると、同様の例は過去にほとんどないという。

17

ガートナー、ハイプ・サイクル:2020年を発表 多様化する日本のセキュリティリスク:EnterpriseZine(エンタープライズジン)

2020 ハイプ サイクル 2020 ハイプ サイクル

2019年版で「過度な期待」のピーク期に入った「5G」はさらにポジションを進め、2020年版では頂点に位置付けられています。

14