東武 東 上線 終電。 東京メトロ全路線と東武鉄道が終電繰り上げへ 首都圏、JRと大手私鉄すべて実施

東京メトロ 来春から終電繰り上げへ 東武も実施― スポニチ Sponichi Annex 社会

終電 東武 東 上線 終電 東武 東 上線

下今市駅 - 東武日光駅間ではからの特急に接続する「特急連絡」列車が上りのみ朝に2本設定されている。 また、残りの2本が森林公園駅発着となり、川越市駅 - 東松山駅間の快速通過駅では1時間に2本増便となった。 池袋駅発着系統と地下鉄直通系統、小川町以北の区間運転に分かれる。

東武日光線

終電 東武 東 上線 終電 東武 東 上線

途中、内から東武日光駅までは当線建設以前に開業していたJRと並行し、東北本線(・新宿駅 - )と合わせて東京方面と日光方面を結ぶ競合路線として、両社とも優等列車を増発してその速度と旅客サービスが競われてきた。 たとえば付近の商人による誘致により、計画では白子(和光市)から沿いに敷設する予定であった路線が、大きく北にカーブを描く形で朝霞へと至るルートに変更されている。

8

東武東上本線

終電 東武 東 上線 終電 東武 東 上線

停車駅: 池袋駅・志木駅・川越駅・川越市駅・坂戸駅・東松山駅 - 寄居駅間の各駅• :上福岡駅 - 新河岸駅間複線化。 ダイヤが大幅に乱れた際は、運用変更の影響により有楽町線新木場駅発着となる場合もあるが、副都心線・東急線方面には直通しないため「Fライナー」は名乗らない。

終電時刻、東武鉄道が繰り上げ 東上線とスカイツリーライン、来春のダイヤ改正で 野田線は変更せず

終電 東武 東 上線 終電 東武 東 上線

登場時点では日中のみの運転であったが、終日TJライナー、快速急行、快速のいずれかが運転されるようになったため、東松山駅以北の利便性が大きく上昇した。

JR東、2021年春の終電時刻繰り上げ詳細を発表

終電 東武 東 上線 終電 東武 東 上線

ながとろ: 池袋駅 - … 秩父鉄道線直通• :にいくら駅(現)開業。 運行の変遷 本種別は2013年のダイヤ改正で登場し、日中時間帯に川越市駅以北でも通過運転を行う種別は本種別が初である。 2010年3月のダイヤ改正までは、原則として志木駅発着は副都心線内「各駅停車」、川越市駅・森林公園駅発着は副都心線内「急行」・「通勤急行」として運転されていたが、この改正以後は、渋谷駅 - 川越市駅・森林公園駅間の全区間を各駅に停車する列車(主にラッシュ時)や、副都心線内「急行」の志木行き(土休日夜)が新設された。

東京メトロ 来春から終電繰り上げへ 東武も実施― スポニチ Sponichi Annex 社会

終電 東武 東 上線 終電 東武 東 上線

構内で再びカーブし、副本線を有するへ至る。 6050系100番台(東武鉄道6050系と同型、共通運用)• 定期列車のほか、鬼怒川線内発着(鬼怒川線内は各駅に停車)の臨時列車が設定されることがある。

15

東京メトロ 来春から終電繰り上げへ 東武も実施― スポニチ Sponichi Annex 社会

終電 東武 東 上線 終電 東武 東 上線

2020年6月6日ダイヤ改正より、下り1本が区間急行に格下げ、上り1本が区間急行より格上げされ、朝時間帯に下り3本、夕方に上り1本が運行されている。

3

東武来春のダイヤ改正で終電繰り上げ

終電 東武 東 上線 終電 東武 東 上線

小川町駅で寄居方面の列車と接続している。 :和光市駅 - 川越市駅間にT-DATCを導入。 なお、2020年6月6日ダイヤ改正による南栗橋駅 - 東武宇都宮駅直通列車増発前は、栃木 - 新栃木駅の1駅間のみ当線に乗り入れている栃木駅発着の宇都宮線直通列車が多数あった。

9