ケーキ を 切れ ない 非行 少年。 『ケーキの切れない非行少年たち』感想・レビュー。見えている世界の、まったく違うひとたちがいる

「ケーキの切れない非行少年たち」を受容できぬ 社会・大人・先生たち

を ない 非行 切れ 少年 ケーキ を ない 非行 切れ 少年 ケーキ

感情統制の弱さ• (2019年12月12日 閲覧) 引用文献 ・宮口幸治(2019)『ケーキを切れない非行少年たち』新潮社. 非行少年の現状(この本の内容が、すべてではないでしょうが)を知るための一歩としてはいい本だとは思うけど、わたしにとっては、 200ページもあるんだから もうちょっと現状分析を少なくして、トグ方法や効果について書いてほしかったな~という、残念書籍です。

【書評レビュー・カズレーザー推し本】ケーキの切れない非行少年たち(宮口幸治)要約と感想

を ない 非行 切れ 少年 ケーキ を ない 非行 切れ 少年 ケーキ

いま、来年の年初からコグトレの教室を始める予定で、準備中です。 1程度の裸眼視力を障害として捉えることはありません。 医療少年院に収容された非行少年たちの成育歴を調べてみると、小学2年生くらいから勉強についていけなくなり、学校では『厄介な子』として扱われ、友人にいじめられたり、家庭で虐待を受けたりするなどネガティブな環境に置かれています。

『ケーキの切れない非行少年たち』を読んで考える医療と教育の間

を ない 非行 切れ 少年 ケーキ を ない 非行 切れ 少年 ケーキ

それでも非行に走ってしまいどうしていいかわからない、っていう親御さんも多いイメージがありました。

5

『ケーキの切れない非行少年たち』宮口幸治【感想】倫理ではなく認知の問題。

を ない 非行 切れ 少年 ケーキ を ない 非行 切れ 少年 ケーキ

このことがタイトルの由来。 114 これらの記述に、どのような問題があるのでしょうか。 「忘れられた人々」をいかに減らせるか、その問題に取り掛からなくてはいけません。

3

『ケーキの切れない非行少年たち』感想・レビュー。見えている世界の、まったく違うひとたちがいる

を ない 非行 切れ 少年 ケーキ を ない 非行 切れ 少年 ケーキ

を挙げます。

非行少年たちはなぜケーキを3等分にできないのか “認知機能”に問題を抱えた子どもたちの実態

を ない 非行 切れ 少年 ケーキ を ない 非行 切れ 少年 ケーキ

『ケーキの切れない非行少年たち』(宮口幸治著、新潮新書)タイムラインで流れてきて思わずKindle1クリックで一気読み。 著者は本書の目的のひとつとして「問題意識を共有し、加害少年への怒りを彼らへの同情に変えること 」(pp. そのためには、小学生と言った段階での早期の発見や、IQテストの特性も踏まえた結果の正確な見極めなども、非行少年を生み出さないために必要なことと言えます。 中村(2011)は以上を踏まえ、 「社会の問題と自己との接点が意識できなければ、ただ単に社会の問題として扱い、社会の変化を求める考えだけになってしまうことになる。

2

なぜ非行少年たちは“ケーキを3等分出来ない”のか――医療少年院で受けた衝撃

を ない 非行 切れ 少年 ケーキ を ない 非行 切れ 少年 ケーキ

その結果、対人関係が上手くいかず、勉強も 周りに付いていけなくて非行に走ってしまう 子が多いわけですね。 コグトレとは。

19

カズレーザー推薦『ケーキの切れない非行少年たち』要約・感想

を ない 非行 切れ 少年 ケーキ を ない 非行 切れ 少年 ケーキ

感想 この本を読みながら自分の学生時代を思い出しました。 さて、この「行動変容の考え方」は、我々大人にも十分役立つものです。 粗暴な言動の目立つ少年にA4の紙を渡し、以下のような問題を出しました。

16

「ケーキを等分に切れない」非行少年はなぜ生まれるのか

を ない 非行 切れ 少年 ケーキ を ない 非行 切れ 少年 ケーキ

本書には、明らかに不適切な記述が散見されます。 しかし!わたしが 不満だったのが、本の構成。

17