だって だって の おばあさん。 「だってだってのおばあさん」 8分

絵本『だってだってのおばあさん』感想。年齢から自由になれる!

の だって おばあさん だって の だって おばあさん だって

ケーキのろうそくをかぞえるときも 一緒に 「1歳、2歳、3歳、4歳、5歳」と 体を揺らしながら数えてくれました。 猫も、おばあさんと一緒に魚釣りに行けて本当に楽しそう! 最後、「でも、5歳でもケーキ作るの上手?」と心配そうにきくところが可愛らしかったです。 ・点数は、コズレ会員の皆様に投稿いただいた感想をもとに算出した参考指標です。

6

『だってだってのおばあさん』(さのようこ/フレーベル館):読後感想|knk|note

の だって おばあさん だって の だって おばあさん だって

作者・さのようこは、『 百万回生きた猫』という傑作を生んだ、実に奇才と呼ぶべき人物である。 それなら、今日から私は5歳…。 そう、何事も気の持ちよう。

14

だってだってのおばあさん

の だって おばあさん だって の だって おばあさん だって

すると「だって わたしは 5さいだもの・・・、あら そうね! 5さいだから、さかなつりに いくわ」と、おばあさんの返事がいつもと違います。

だってだっての おばあさん 佐野洋子の絵本 5

の だって おばあさん だって の だって おばあさん だって

私も欲しいぞ。

19

だってだっての おばあさん 佐野洋子の絵本 5

の だって おばあさん だって の だって おばあさん だって

ろうそくは99本のはずだったのですが、ハプニングがあって5本になってしまい、それからおばあちゃんの口癖も「だって、わたしは5歳だもの」に変わりました。 うちの祖母もそうです。

18

だってだってのおばあさん|cozre[コズレ]子育てマガジン

の だって おばあさん だって の だって おばあさん だって

大人になればなるほど、私たちはその都へ向かう道を見失ってしまう。