気象 ナウ キャスト。 高解像度降水ナウキャスト

竜巻発生確度ナウキャスト

キャスト 気象 ナウ キャスト 気象 ナウ

また、民間事業者による携帯コンテンツサービスも準備されており、屋外活動での利用も可能になる。 高解像度降水ナウキャストの実況解析 従来からある降水ナウキャスト(以後、降水ナウキャスト)が気象庁のレーダーの観測結果を雨量計で補正した値を予測の初期値としているのに対し、高解像度降水ナウキャストでは、気象庁のレーダーのほか国土交通省レーダ雨量計を利用し、さらに雨量計や地上高層観測の結果等を用いて地上降水に近くなるように解析を行って予測の初期値を作成しています。 ナウキャストには、「発生確度2」と「発生確度1」があり、発生確度2となった地域で竜巻などの激しい突風が発生する可能性(予測の適中率)は7~14%。

19

高解像度降水ナウキャスト

キャスト 気象 ナウ キャスト 気象 ナウ

発生確度2は竜巻注意情報の発表に繋がることから、できるだけ絞り込んだ予測としているため、 発生確度1に比べて予測の適中率が高い反面、見逃し(予測できない突風事例)が多くなる。 利用上の留意点• なお、降水ナウキャストでは予測初期値を実況値と呼ぶのに対し、高解像度降水ナウキャストでは解析値あるいは実況解析値と呼んでいます。 また、高解像度降水ナウキャストでは、積乱雲の発生予測にも取り組んでいます。

高解像度降水ナウキャスト

キャスト 気象 ナウ キャスト 気象 ナウ

雨量値としての利用に適しています。 次のように発達したが近づく兆しがある場合には、頑丈な建物内に移動するなど身の安全確保に努める必要がある。

7

竜巻発生確度ナウキャスト

キャスト 気象 ナウ キャスト 気象 ナウ

発生確度2の捕捉率が50~70%というのは、実際に発生する突風事例のうち、50~70%の事例を予測できるということであり、言い換えると見逃す事例が30~50%あるということである。 竜巻注意情報の発表後も状況は刻々と変化するため、注意が必要な地域の詳細や今後の経過は、10分毎に提供される竜巻発生確度ナウキャストで確認するという利用が効果的である。

5

気象庁|高解像度降水ナウキャスト

キャスト 気象 ナウ キャスト 気象 ナウ

高解像度降水ナウキャストの解像度 観測及び予測データの高解像度化は、データ容量の増加をもたらします。 このドップラーレーダー観測網は、局地的な大雨の観測精度の向上を図るため、平成24~25年度にレーダー観測データの距離方向の解像度を従来の500mから250mに向上させるための機器更新を行いました。 発生確度1は、発生確度2で見逃す事例を補うように設定しており、広がりや出現する回数が多くなる。

ナウキャストとは

キャスト 気象 ナウ キャスト 気象 ナウ

黒い雲が近づき、周囲が暗くなる。

11

竜巻発生確度ナウキャスト

キャスト 気象 ナウ キャスト 気象 ナウ

。 • 脚注 [ ] 以下の気象庁の情報源から、一部を改変して作成。

6

ナウキャストとは

キャスト 気象 ナウ キャスト 気象 ナウ

続いて、2010年から竜巻などの激しい突風の発生確度に関する竜巻発生確度ナウキャストと、雷の激しさや発生可能性に関する雷ナウキャストの提供を始めた。 発生確度1となっている地域 [ ] 発生確度2よりは低いが、竜巻などの激しい突風が発生する可能性が高い状況。

7

気象庁|高解像度降水ナウキャスト

キャスト 気象 ナウ キャスト 気象 ナウ

また、高解像度降水ナウキャストは250mの予測期間は30分ですが、予測時間35分から60分までは、30分までと同じアルゴリズムで予測した1kmの解像度で予測を提供しています。

12