Sumifs 関数。 Numbers

SUMIF関数の使い方!条件を満たす範囲のデータだけを合計 [エクセル(Excel)の使い方] All About

関数 sumifs 関数 sumifs

基本的な書式は以下です。

3

エクセル SUMIFS 関数:複数の条件に一致する合計を求める

関数 sumifs 関数 sumifs

合計対象範囲 (必須) 合計する 1 つまたは複数のセルまたは範囲を指定します。 SUMIF関数で設定する引数は3つ。

SUMIFS関数の使い方

関数 sumifs 関数 sumifs

上記のデータのC列にA列とB列の複数条件を検索値として、Eの価格の合計を算出します。

7

SUMIFS関数で複数の条件を指定して数値を合計する

関数 sumifs 関数 sumifs

SUMIF関数の使い方は?どんな時に使える? SUMIF関数は、特定の条件に一致したデータを合計する関数です。 正しく入力ができていれば、SUMIF関数によって計算された合計値が表示されます。

15

SUMIFS関数で複数の条件に合うデータを合計【Excel・エクセル】

関数 sumifs 関数 sumifs

SUMIF それではいよいよ、SUMの応用編です。 ",C3:C12 「県」の後に1文字ある文字列 文字列の前に 「"」、後に 「? 2行目:「Range "D3:D11" 」が合計対象範囲です。

12

ExcelのSUMIF関数で条件に合う数字を合計

関数 sumifs 関数 sumifs

これでF列の合計値 66,500円が表示されます。

ExcelのSUMIFS関数の使い方|複数条件に一致する数値を合計する|Office Hack

関数 sumifs 関数 sumifs

【合計範囲】 SUMIF関数における「合計範囲」とは、「検索条件」に紐付く数値データが入力されたセルの範囲のことです。 日付データのある列(A2:A15)を指定します。

Numbers

関数 sumifs 関数 sumifs

引数「条件範囲」 引数「条件」の対象になるセルの範囲を指定します。