伊藤忠 丸紅 鉄鋼 株式 会社。 丸紅

伊藤忠丸紅鉄鋼株式会社の新卒採用情報・募集要項 | インターンシップガイド

株式 会社 伊藤忠 丸紅 鉄鋼 株式 会社 伊藤忠 丸紅 鉄鋼

2011年 (平成23年) 中期経営計画 「Brand-new Deal 2012 ~稼ぐ!削る!防ぐ!~」をスタート。

14

事業部門紹介 | BUSINESS | 伊藤忠丸紅鉄鋼株式会社

株式 会社 伊藤忠 丸紅 鉄鋼 株式 会社 伊藤忠 丸紅 鉄鋼

丸紅ユティリティ・サービス• 1952年 (昭和27年) 伊藤忠アメリカ会社(現・伊藤忠インターナショナル会社)を設立。

国内事業会社

株式 会社 伊藤忠 丸紅 鉄鋼 株式 会社 伊藤忠 丸紅 鉄鋼

両株主会社のDNAと伝統を重んじつつも、当社らしい「MISIの力」を一丸となって発揮し、新たな価値を創造していきます。 エコツーラボ• 2001年10月 伊藤忠商事、丸紅の鉄鋼部門を分割統合し、伊藤忠丸紅鉄鋼株式会社発足 伊藤忠丸紅テクノスチール株式会社設立 2002年10月 伊藤忠丸紅テクノスチールが、新日本製鐵(現:日本製鉄)の一次商社に指定される 2003年4月 執行役員制度導入 2003年6月 第一次中期経営計画策定 2003年7月 監査部を設立 2004年1月 滋賀コイルセンターと東洋鐵鋼の合併により紅忠コイルセンター(現:紅忠コイルセンター関西)設立 2004年4月 米州支配人、アセアン・西南アジア支配人、中国総代表制導入 2004年5月 東京本社が大手町から日本橋に移転 2005年4月 紅忠オートスチール設立 2005年11月 上海会社、中国内販権の認可取得 2005年12月 紅忠鋼鉄貿易(広州)有限公司設立 2011年1月 MIステンレスセンターと万世鋼機が統合し、MI万世ステンレス設立 2011年3月 米国会社傘下の事業を再編・統合し、ClarkDietrich Building Systems設立 タイの冷延鋼板製造販売会社(Thai Cold Rolled Steel Sheet)、電気亜鉛メッキ鋼板製造販売会社(Thai Coated Steel Sheet)に出資 2011年5月 メキシコ・アグアスカリエンテス州に自動車向けコイルセンターMI Metal Processing Mexicana設立 2011年6月 ベトナム現地法人設立 2011年9月 インド・JSWスチール社と鋼材加工会社JSW MI Steel Service Center設立 2011年10月 伊藤忠丸紅鉄鋼株式会社創立10周年 2011年12月 国内コイルセンター3社の名称を「紅忠コイルセンター」に統一 2012年5月 米国のブランキング加工会社RSDC of Michiganを100%子会社化 2012年5月 第四次中期経営計画策定 2012年7月 中国・河南省に宝鋼集団と合弁で自動車用鋼材加工センターMI BAO Metal Processing Zhengzhou設立 2012年8月 中国・上海市にイタリア・EURO GROUPと合弁でモーター発電機用ラミネーション製品販売会社EURO-MISI LAMINATIONS(SHANGHAI)設立 2012年11月 マレーシアの金属加工会社Anshin Precision Industriesを子会社化 2013年1月 ヨハネスブルグ支店開設 ヤンゴン事務所開設 2013年3月 ソウル現地法人設立 2013年4月 IFRSを導入 米国会社傘下の鋼材加工センター3社を統合し、MISA Metal Processingを設立 2013年5月 インドに自動車用鋼材加工センターMI STEEL PROCESSING INDIA設立 2013年9月 米国最大手油井管問屋Soonerを買収 2013年9月 JSW MI Steel Service Centerとの合弁事業をインド西部に拡大 2013年10月 紅忠オートスチールと伊藤忠丸紅スチールAPを統合し、紅忠スチール設立 2014年4月 松島鐵鋼を100%子会社化し、紅忠コイルセンター東北に社名変更 2014年6月 パキスタンに鋼材加工センターMID Pakistan Coil Center設立 2015年5月 第五次中期経営計画策定 2016年1月 伊藤忠丸紅テクノスチールと、住商鉄鋼販売を統合し、伊藤忠丸紅住商テクノスチール株式会社発足 2017年12月 「スポーツエールカンパニー」及び「東京都スポーツ推進企業」に認定 2018年3月 第六次中期経営計画策定 2018年4月 広島スチールセンターとサミットスチールの中国地方事業を統合し、紅忠サミットコイルセンター設立 2018年4月 紅忠コイルセンターホールディングス設立 2018年10月 中国湖北省武漢市に武漢舟越汽車材料有限公司と合弁で自動車用鋼板及びアルミのコイルセンター「武漢紅忠澤金属製品有限公司」を設立 2019年2月 米国油井管問屋CTAPを買収 2019年7月 ケレタロ事務所開設. 55 ビ-エヌワイエム アズ エ-ジ-テイ クライアンツ ノン トリ-テイ-ジヤスデツク 94,940 5. 両品種のコラボレーションを取りながらシナジー効果を追求し、薄板・ステンレス販売の総合プロデューサーとして、機能をさらに深化させていきます。 それは、船着場のある川口町からの道が本町へ通じており、しかも伏見町に比べると地価が半値以下であったからだという。

2

丸紅

株式 会社 伊藤忠 丸紅 鉄鋼 株式 会社 伊藤忠 丸紅 鉄鋼

「ニュービジネスモデルへの挑戦」 そして「ロマンへの挑戦」 伊藤忠商事も丸紅も幕末に近江で生まれた伊藤忠兵衛を創業者とする会社で、商いに対する理念には共通するものがある。 関連項目 [ ]• ハギワラソリューションズ• そのため、同業の株式会社(以下「伊藤忠」)とは同根。 薄板の輸出および国内外の容器業界への材料供給を担う専門集団として、トレードと事業運営から得られる豊富な情報を基に、お客様のあらゆるニーズに対応し、きめ細かなサービスを提供致します。

会社概要・役員・組織

株式 会社 伊藤忠 丸紅 鉄鋼 株式 会社 伊藤忠 丸紅 鉄鋼

会社紹介 富安の歩みは、大正8年 1919年 にブリキ 薄鋼板に錫をメッキしたもの を専門に扱う企業として大阪で創業したことから始まります。 1944年 (昭和19年) 三興、大同貿易及び呉羽紡績の合併により大建産業株式会社を設立。

伊藤忠丸紅鉄鋼株式会社

株式 会社 伊藤忠 丸紅 鉄鋼 株式 会社 伊藤忠 丸紅 鉄鋼

全世界の伊藤忠社員が参加し、1年という歳月をかけて国際総合企業にふさわしい社名と企業理念を検討したNew CI運動の実施により、日本語社名は変更せず、英文社名を「ITOCHU Corporation」とし、企業理念として「ITOCHU Committed to the global good. いわゆる「経営の民主化」ともいえる会議制度の採用など、人を信じ、有能な者を思い切って登用する人材育成は、初代伊藤忠兵衛の生涯にわたる重要な事業経営精神であったといわれる。 当本部は国内外自動車メーカー及び部品メーカーの多種多様な鋼材ニーズに応えるべく、トレードと鋼材加工の両輪で商売拡大に取り組んでいます。

15

会社概要・役員・組織

株式 会社 伊藤忠 丸紅 鉄鋼 株式 会社 伊藤忠 丸紅 鉄鋼

また、2014年4月1日付けで同社社名を「紅忠コイルセンター東北 株 」に変更し、当社グループの国内薄板コイルセンター3社(紅忠コイルセンター関西 株 、紅忠コイルセンター関東 株 、紅忠コイルセンター九州 株 )に加えて全国での社名統一を実現致します。 山文ステンレス株式会社• ポジティブ• 拠点数 [ ]• 日鉄住金鋼線株式会社• 一般配管• 同社は自動車関連をはじめ、再生可能エネルギー、アフリカ事業などを幅広く展開する。 東京スチールセンター株式会社• クレアン• 電磁鋼板• パイプラインでの石油・ガス輸送事業など、巨大インフラを支援しています 石油・ガスの生産地と消費地を結ぶパイプライン。

17

事業部門紹介 | BUSINESS | 伊藤忠丸紅鉄鋼株式会社

株式 会社 伊藤忠 丸紅 鉄鋼 株式 会社 伊藤忠 丸紅 鉄鋼

丸紅テクマテックス• 統合から17年が経った今、MISI設立後に入社した社員が全体の6割以上を占め、企業内の文化的融合はさらなる段階へと歩みを進めています。 丸紅テツゲン• クラッド鋼管• 1949年 (昭和24年) 伊藤忠商事株式会社を設立。 また「お客様に良し、世間に良し、従業員に良し」を念頭に掲げ信頼される企業をを目指して参ります。

国内事業会社

株式 会社 伊藤忠 丸紅 鉄鋼 株式 会社 伊藤忠 丸紅 鉄鋼

その後は、他商社とともに「 商社夏の時代」を謳歌している。

3