播州 織物。 播州織

播州織工業協同組合

織物 播州 織物 播州

同時期、の・油屋五兵衛が天明年間に京都の造営に赴き、同じく京都で機織を習得、帰郷後創業し、の神社の造営に従事した大工の織物であることから「菅大織」と呼んだ。 綿100%でお肌にやさしく、管理がしやすいです。

15

地場産業「播州織」/西脇市

織物 播州 織物 播州

明治期以降 [ ] 初期には、津万村を中心に60~70軒の綿布業者が存在したが、当時の主な産地は、現在の西脇市以北のだった。 播州織の歴史 寛政4(1792)年に京都から帰郷した飛田安兵衛は、習得した知識を生かし織機を作りました。 播州織の魅力を服に。

9

自然が育む織物。播州織の魅力に迫る

織物 播州 織物 播州

「播織直営ショップ」では、播州織生地、日傘、ビジネスシャツ、帽子、ランチョンマットなど、播織が独自に企画・開発した商品が豊富に取り揃えられています。

7

tamaki niime

織物 播州 織物 播州

5cmとなっています。 同じパターンが繰り返される一般の播州織とは違い、模様の再現性がないという特長は、つまり「世界に一枚だけの播州織」が出来上がるということになります。

製品紹介

織物 播州 織物 播州

しかし、明治時代後期から力織機の普及により、家内工業から工場生産への移行に伴い、西脇市域で生産力が急激に増加しました。

17

【多可町】播州織(ばんしゅうおり)のマスクが登場

織物 播州 織物 播州

今、マスクは予防のためだけではなく、人と人をつなぐコミュニケーションツールだと思います。

13

兵庫県西脇市 播州織 「tamaki niime」 ショール屋やめてマスク屋になります。

織物 播州 織物 播州

明治時代初めには、後の津万村を中心に60~70軒の綿布業者がありましただ、この頃の主な産地は、現在の西脇市以北の多可郡でした。 ストールは織り上げた様子が一目で分かりやすい分、 職人による丁寧な技術を見ることが出来ます。 ジャカード織とは、タテの糸とヨコの糸だけで複雑な柄も表現できる特殊な織り方で、高級な織物です。

兵庫県西脇市 播州織 「tamaki niime」 ショール屋やめてマスク屋になります。

織物 播州 織物 播州

勃発前後が最盛期で、年産1億平方ヤードに達し、業者数270軒を数えるほどの黄金期を迎える。 播州織りなら、シャツも表情豊かに 細い糸が美しい陰影を描くツイル シャツブラウス。

3