アンデルセン 神父 名言。 ハンス・クリスチャン・アンデルセンの代表的な童話と名言集

【ヘルシング】少佐の「私は戦争が大好きだ」演説とは?本名や名言・OVA版声優も

名言 アンデルセン 神父 名言 アンデルセン 神父

この海は航海には非常に危険な海であり、それを鎮めるためであった。 兵卒たちは、いばらで冠をあんで、イエスの頭にかぶらせ、紫の上着を着せ、 それから、その前に進み出て、「ユダヤ人の王、ばんざい」と言った。

5

アンデルセンの名言

名言 アンデルセン 神父 名言 アンデルセン 神父

人魚姫は悲嘆に暮れます。 (マックス) 猟人たる人なにを恐れる事がある? (アガーテ) でも、神を試すものは罪を受けます! (マックス) 猟人たる者の心に恐れなぞあるものか 私は夜の深遠に現れ出でる あらゆる恐怖をものともしない 樫の木が嵐の中にうねる時でも 鳥どもが泣きわめく時でも・・・・ (アガーテ) 私は心配です、行かないで。 ふざけているのはお前だ 私はお前の余興につきあっているだけだ。

8

【ヘルシング】少佐の「私は戦争が大好きだ」演説とは?本名や名言・OVA版声優も

名言 アンデルセン 神父 名言 アンデルセン 神父

上のシーンはアーカードとセラスが任務先で吸血鬼とグールたちを退治している途中に同じ現場で鉢合わせた場面で、吸血鬼である2人を殲滅すべく臨戦態勢に入った際の前口上で、アンデルセンの人間性が表れた名言です。 その間が、表情の変化が、たまらなく好きです。 年齢を重ねても厨二心は忘れないマンガタリライター、神門です。

19

アンデルセンの名言からの学び。[自分の経験が自分を磨く]

名言 アンデルセン 神父 名言 アンデルセン 神父

それはまさに、アーカードと同じ「化け物」。

12

ハンス・クリスチャン・アンデルセン

名言 アンデルセン 神父 名言 アンデルセン 神父

命令は唯一つ 「見敵必殺」• 襲いくる大量の吸血鬼たちに対し、ベルナドットの巧みな戦術も敵吸血鬼の能力の前には虚しく、次々と本邸に侵入してくる吸血鬼たちにより傭兵団員はなす術もなく惨殺されてしまいました。 射撃が当たらなくなり苦悩の極みに立った主人公・マックスが 「おお太陽の昇りゆく事こそ我が恐怖なり・・・」と歌い、 それを森林官のクーノー(ヒロイン・アガーテの父)が力づける場面。 神の力の不死身の本当の玩具になる気か 同じだ まるで同じ糞たれだ 神を肯定した化け物と 神を否定した化け物と そんな奇跡の残骸を使って お前も奇跡の残骸になるつもりか 俺を お前を 俺達の闘争を 彼岸の彼方へ追いやるつもりか 俺の様な化け物は 人間でいる事にいられなかった弱い化け物は 人間に倒されなければいけないんだ! 日本では「魔弾の射手」と訳されるがこれは意訳で、直訳すると「自由射撃」。

9

アンデルセン神父とは (エイメンとは) [単語記事]

名言 アンデルセン 神父 名言 アンデルセン 神父

8t榴爆弾が 都市区画ごと木端微塵に粉砕した時など絶頂すら覚える 露助の機甲師団に滅茶苦茶にされるのが好きだ 必死に守るはずだった村々が蹂躙され 女子供が犯され殺されていく様はとてもとても悲しいものだ 英米の物量に押し潰されて殲滅されるのが好きだ 英米攻撃機に追いまわされ害虫の様に地べたを這い回るのは屈辱の極みだ 諸君 私は戦争を地獄の様な戦争を望んでいる 諸君 私に付き従う大隊戦友諸君 君達は一体何を望んでいる? 更なる戦争を望むか? 情け容赦のない糞の様な戦争を望むか? 鉄風雷火の限りを尽くし三千世界の鴉を殺す嵐の様な闘争を望むか? 『戦争(クリーク)! 戦争(クリーク)! 戦争(クリーク)!』 よろしい ならば戦争(クリーク)だ 我々は渾身の力をこめて今まさに振り降ろさんとする握り拳だ だがこの暗い闇の底で半世紀もの間堪え続けてきた我々に ただの戦争ではもはや足りない!! 大戦争を!! 一心不乱の大戦争を!! 我らはわずかに一個大隊 千人に満たぬ敗残兵に過ぎない だが諸君は一騎当千の古強者だと私は信仰している ならば我らは諸君と私で総力100万と1人の軍集団となる 我々を忘却の彼方へと追いやり眠りこけている連中を叩き起こそう 髪の毛をつかんで引きずり降ろし眼を開けさせ思い出させよう 連中に恐怖の味を思い出させてやる 連中に我々の軍靴の音を思い出させてやる 天と地のはざまには奴らの哲学では 思いもよらない事があることを思い出させてやる 一千人の吸血鬼の戦闘団で 世界を燃やし尽くしてやる 「最後の大隊大隊指揮官より全空中艦隊へ」 目標英国本土ロンドン首都上空!! 第二次ゼーレヴェー作戦 状況を開始せよ 征くぞ諸君 HELLSING(ヘルシング)5巻 楽しいかアーカード 戦争は楽しい! 惚れた女(セラス)の中でずっと一緒に居るわけですから。

14