非 効果 的 気道 浄化。 慢性閉塞性肺疾患(COPD)の看護過程・看護計画(OP、TP、EP)のために必要な情報収集とその評価、アセスメント、看護問題に対する具体策

非効果的健康管理

効果 気道 浄化 的 非 効果 気道 浄化 的 非

6 誤嚥による口腔内分泌物が気管への流れ込むことに伴う分泌物の増加に関連した非効果的気道浄化:成人• 臥床時から実施可能なリハビリテーションを行う必要がある。

8

実習に役立つ看護計画2

効果 気道 浄化 的 非 効果 気道 浄化 的 非

出来るだけ、呼吸困難を引き起こさないように、活動の耐性を高めていく。 福地ら 69)は、加齢に伴う肺内防御機構に対する喫煙の影響について、若年ラットと老年ラットに喫煙させたのち、BALで回収した細胞成分の解析と肺胞マクロファージの活性酸素産生能を検討した。

喫煙と呼吸器疾患

効果 気道 浄化 的 非 効果 気道 浄化 的 非

3.活動・休息のバランス 呼吸器系の重篤な障害は生命の危機に直結する。 大久保ら 37)38)は抗原提示に不可欠である主要組織適合 MHC 遺伝子産物に与える喫煙成分の影響を、マクロファージ様細胞株P388D を用いて検討した。 この抗原提示能は喫煙により低下することが知られている。

12

肺炎の看護|間質性肺炎の症状と看護アセスメント、治療における観察項目

効果 気道 浄化 的 非 効果 気道 浄化 的 非

病気や管理についてどのように説明されているか -職場や学校の理解 -休憩場所、移動手段、支援体制 -就労時間や学習内容の調整の有無 16. 生物の食品は禁止する(最近付着のリスクがある為。 必要時は面会者の調整も検討していく必要がある。 長期喫煙刺激が気道に及ぼす影響として粘液腺の肥大増生や気道上皮透過性亢進に基づく喀痰の増加、気道上皮線毛運動の障害による粘液輸送障害などがある。

「非効果的気道浄化」に関するQ&A

効果 気道 浄化 的 非 効果 気道 浄化 的 非

以上の理由から、気道の浄化状態を観察する必要がある。 肺炎の看護は、疾患を理解しての身体的な部分と精神的な部分へのアプローチが大切ですが、間質性肺炎は進行していく疾患なので精神面への関わりも重要なものなのです。 老人では嚥下機能が障害され、食物や胃液などの誤嚥が起こりやすいことが知られている。

16

肺炎の看護|間質性肺炎の症状と看護アセスメント、治療における観察項目

効果 気道 浄化 的 非 効果 気道 浄化 的 非

創部の有無、創部がある時はその状態 疼痛や浸出液の有無 11. この現象の機序を明らかにするため種々のアプローチがなされている。

7

慢性閉塞性肺疾患(COPD) 患者の看護計画

効果 気道 浄化 的 非 効果 気道 浄化 的 非

<定義> きれいな気道を維持するための線毛運動や咳嗽反射が低下しているこ とで、気管支腺からの分泌物が増加し、分泌物または閉塞物を効果的に 取り除けない状態 <看護計画> 目標 気道の分泌物を除去し、 呼吸器合併症を起こさず安楽な呼吸がが出来る 排痰困難時に自身で対応が出来る O-P 1. DHHS Publication No CDC 90-8416, 1990. 喫煙と咳、痰などの呼吸器症状を経年的に追跡すると、一般的には喫煙量が多いほど症状も強くなる。 それは排泄や睡眠の以上にも現れ、治療や処置に激しい抵抗感を示す場合もある。 食欲不振は低栄養状態、免疫力の低下につながる。

12

慢性閉塞性肺疾患(COPD) 患者の看護計画

効果 気道 浄化 的 非 効果 気道 浄化 的 非

最も興味のもたれる点は、同じ喫煙刺激でもその反応には個人差があるらしいということである。 喫煙と老化 1 閉塞性呼吸機能障害 呼吸機能の障害は一般的に閉塞性障害と拘束性障害に分けられる。 一般的にいわれる肺炎がこの肺胞の炎症です。

16