労働 施策 総合 推進 法 改正。 【2020年6月施行】パワハラ防止法で企業が義務付けられたこと、そのポイントとは?

【人事必見】2020年4月以降、企業が「対応不可避」の主な法改正まとめ

総合 法 推進 施策 改正 労働 総合 法 推進 施策 改正 労働

また、一回の研修では浸透しませんので定期的にできるようオンラインの研修コンテンツにしておくとよいでしょう。 そのため、全従業員に受講させ、定期的に繰り返して実施することが重要です。 相談(苦情を含む)に応じ、適切に対応するために必要な体制の整備 (パワハラの相談窓口を整備するほか、担当者が適切に対応できるようにしなければならない) 3. 参照: 3.まとめ:企業が取り組むべき措置義務の四つのポイント 2020年6月より、企業が講じなければいけない措置義務のポイントは次の四つにまとめられます。

6

[法改正情報] 労働施策総合推進法の改正によるパワハラ防止対策の義務化 | お役立ちコラム | リードブレーン

総合 法 推進 施策 改正 労働 総合 法 推進 施策 改正 労働

2018年6月に「東京都受動喫煙防止条例」が制定され、同年7月には「健康増進法」が改正されたことで、受動喫煙防止対策についての新しいルールが生まれました。

13

労働施策総合推進法の改正でパワハラ防止が義務化に。企業が取るべき4つの対応

総合 法 推進 施策 改正 労働 総合 法 推進 施策 改正 労働

各措置の具体的な取り組み例については、厚生労働省のパンフレットに詳細が記されていますので、ぜひ一度ご確認ください。 職場におけるセクシュアルハラスメントには、職場において行われる性的な言動に対する労働者の対応により当該労働者がその労働条件につき不利益を受けるもの(対価型セクシュアルハラスメント)と、当該性的な言動により労働者の就業環境が害されるもの(環境型セクシュアルハラスメント)がある これらは同姓に対するものも含まれ、また、被害を受けた者の性的指向または性自認にかかわらず、セクハラに該当することがあり得ます。 しかし、セクハラやマタハラ等の防止対策の強化については、事業所の規模を問いませんので、中小企業であっても2020年6月1日から対応が必要です。

15

【2020年6月施行】パワハラ防止法で企業が義務付けられたこと、そのポイントとは?

総合 法 推進 施策 改正 労働 総合 法 推進 施策 改正 労働

(平成二十八年法律第十七号)• ) 法改正スケジュール一覧(社会保険・労働法) 施行年月 内容 法律 2020年 令和2年 4月 同一労働同一賃金(大企業) パート・有期法 同一労働同一賃金(大企業・中小企業) 労働者派遣法 高年齢被保険者の保険料免除が廃止 雇用保険法 36協定届の様式(中小企業) 労働基準法 2020年 令和2年 6月 パワハラ対策の義務化(大企業) 労働施策総合推進法 2020年 令和2年 8月 雇用保険法 2020年 令和2年 9月 確定給付企業年金の受給開始年齢時期の選択肢の拡大(上限70歳) 確定給付企業年金法 厚年法 労災保険法 2020年 令和2年 10月 確定拠出年金法 雇用保険法 2021年 令和3年 1月 育児介護休業法 2021年 令和3年 3月 マイナンバーカードの健康保険証利用 健康保険法 障害者雇用促進法 2021年 令和3年 4月 同一労働同一賃金(中小企業) パート・有期法 高年齢者雇用安定法 中途採用比率の公表を義務付け(大企業) 労働施策総合推進法 2022年 令和4年 1月 複数就業する高年齢者就業確保措置の導入 雇用保険法 2022年 令和4年 4月 複数の事業主に雇用される65歳以上の労働者に雇用保険を適用 雇用保険法 年金の受給開始時期の選択肢の拡大(上限75歳) 国年法・厚年法 60~64歳の在職老齢年金制度の支給停止基準額の引上げ 厚生年金保険法 65歳以上を対象とした在職定時改定の導入 厚生年金保険法 2022年 令和4年 5月 企業型確定拠出年金、iDeCoの加入可能年齢の見直し 確定拠出年金法 2022年 令和4年 6月 パワハラ対策の義務化(中小企業) 労働施策総合推進法 2022年 令和4年 10月 企業型確定拠出年金加入者のiDeCoへの加入条件の緩和 確定拠出年金法 短時間労働者の社会保険の適用拡大(101人以上) 健保・厚年法 2023年 令和5年 4月 月60時間を超える時間外労働に対する割増賃金率の引上げ(中小企業) 労働基準法 2024年 令和6年 10月 短時間労働者の社会保険の適用拡大(51人以上) 健保・厚年法 2025年 令和7年 4月 高年齢雇用継続給付の引下げ 雇用保険法. (国の責務) 第三十条の三 国は、労働者の就業環境を害する前条第一項に規定する言動を行ってはならないことその他当該言動に起因する問題に対する事業主その他国民一般の関心と理解を深めるため、広報活動、啓発活動その他の措置を講ずるように努めなければならない。 また、「長期にわたる無視」「能力に見合わない仕事の付与」などにより就業意欲を低下させる行為が行われた場合、就業環境を害する行為に当たると考えられます。

第154回労働政策審議会職業安定分科会資料|厚生労働省

総合 法 推進 施策 改正 労働 総合 法 推進 施策 改正 労働

相談者・行為者等のプライバシーを保護するために必要な措置を講じ、その旨労働者に周知すること• (1)身体的な攻撃……殴る蹴る、物で頭を叩く、物を投げつけるなど。

1

【11/28更新】法改正スケジュール一覧まとめ2021年【社会保険・労働法】

総合 法 推進 施策 改正 労働 総合 法 推進 施策 改正 労働

法改正の主なポイントは、 ・若者の能力の正当な評価並びに青少年の応募機会の増加 ・年齢による応募制限の禁止の義務化 ・外国人の雇用管理の改善並びに再就職の支援の努力を義務化 ・雇用情報の地域格差を是正 などです。

3

【2020年6月施行】パワハラ防止法で企業が義務付けられたこと、そのポイントとは?

総合 法 推進 施策 改正 労働 総合 法 推進 施策 改正 労働

(平成二十八年法律第四十七号)• NHKをはじめ日経新聞、雑誌などにも多く取り上げていただき、 また革新的な優れたサービスを表彰する「第3回 日本サービス大賞」において 「厚生労働大臣賞」を受賞しました。 まずは相談窓口(内部通報窓口)を設置して、相談者の不利益を被らないようプライベートを確保する形で対処をする必要があります。

10

【解説】労働施策総合推進法(パワハラ防止法)の概要と変遷

総合 法 推進 施策 改正 労働 総合 法 推進 施策 改正 労働

例えば、身体的な攻撃なら「殴打や足蹴り、相手に物を投げつける行為」はパワハラに該当すると考えられるとする一方で、「誤ってぶつかった場合」は該当しないと考えられるという。

20