チョウチン アンコウ オス。 【動画】交尾する深海アンコウ、史上初の撮影

チョウチンアンコウのオス

アンコウ オス チョウチン アンコウ オス チョウチン

フェロモンを放出しているメスにオスは惹かれ求める習性を持っているので、一匹のメスに対して複数のオスが寄生しようと行動します。 雄は雌よりも極端に小さい(わいゆう)であるが、体長は4 cm近くに達し、雌へのをしない自由生活性の矮雄としては最も大きく成長する。

4

【壇蜜のもっとハァハァしてる?】小柄な男性との「じゃれあい」 生々しいチョウチンアンコウの癒着 (1/2ページ)

アンコウ オス チョウチン アンコウ オス チョウチン

この仕組みは、バクテリアはエスカの中に住むことができて安全になる、チョウチンアンコウはエスカを発光させることができる、といったように お互いにメリットがある「共生」という形で上手く機能しています。

6

チョウチンアンコウのオスとメスの交尾・残酷な末路

アンコウ オス チョウチン アンコウ オス チョウチン

ルアーと呼ばれる頭の前の器官に発光器があって、これで獲物を誘き寄せて捕食しています。

12

チョウチンアンコウのオス

アンコウ オス チョウチン アンコウ オス チョウチン

怖がらないで。 オスがメスに同化した ビワアンコウ。

8

【寄生と融合】チョウチンアンコウのオスが迎える末路とは?

アンコウ オス チョウチン アンコウ オス チョウチン

実はオスにはエスカを持っていないため、光らせてエサをおびき寄せることができません。 偶然だけではなかなか出逢えません。 多くの生物のオス同様、チョウチンアンコウのオスもメスを求めて生きます。

9

貴重映像!チョウチンアンコウが深海を泳ぐ。そしてチョウチンアンコウのオスの悲しい一生とは?

アンコウ オス チョウチン アンコウ オス チョウチン

ここには「早い者勝ち」や「生涯をペアで添い遂げる」という概念はないため、パートナーを一匹だけに絞らず寄生してくるオスを複数受け入れます。 ではこの発光器は、どのような仕組みで光っているのでしょうか。

17

チョウチンアンコウのオスとメスの交尾・残酷な末路

アンコウ オス チョウチン アンコウ オス チョウチン

私たちの知る美味しいアンコウもいれば、深海にはとても切ない物語を持つアンコウたちもいて、意外と奥が深いですね。 その時オスはどうするの? メスの体に噛み付きます。 なぜオスのアンコウはメスの免疫システムに攻撃されないのか……? この疑問は1920年にアイスランドの水産生物学者が最初の融合体を発見して以来100年以上もの間、謎でした。

5

アンコウはオスとメスの融合を行うために、免疫能力を捨てていたと判明!

アンコウ オス チョウチン アンコウ オス チョウチン

随時募集中 関連イラスト. オスはしばらくするとオスの口からメスの体へ融合を促進する酵素を出します。 深海魚も美味しいですよねー。 細菌は寄生することで安全な暮らしを手に入れることができ、チョウチンアンコウは光をもらう、まさにwin-winの共生関係だといえます。

深海魚プチ雑学★長生きしたサメ★チョウチンアンコウ・オスの一生

アンコウ オス チョウチン アンコウ オス チョウチン

むしろその様は、家族のために身を粉にして働いてくれる頼れる大黒柱に見えて仕方ありません。 そしてよく見ると、 とても小さなオスが下にくっついているのがわかります。 彼らはこのイシリウムを巧みに操り、釣り竿かのごとくエスカを動かして、エサとなる生き物をおびき寄せ、エスカに誘われてフラーっと魚が自分の前を通ると、大きな口で丸飲みにして捕食します。

13